増田 桃香 ピアニスト・音楽博士

横浜市出身 

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程を首席修了。

修了時に、クロイツァー賞、大学院アカンサス賞を受賞。

2016年、東京藝術大学大学院音楽研究科博士課程を修了し、ラフマニノフの音楽書法に関する研究論文と演奏で、博士号を取得。


大学院在籍中、2012年より、明治安田クオリティオブライフ文化財団海外研修制度の助成を受け、ロシア国立リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院において研鑽を積んだ。

 

これまでに、角野裕、角野怜子、イェルク・デームス、ガブリエル・タッキーノ、エヴァ・ポブウォツカ、エカテリーナ・ムーリナ(ロシア連邦人民芸術家)、セルゲイ・ウリヴァエフ(ロシア功労芸術家)に師事。

現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校ピアノ科、麻布学園・中学高等学校芸術科非常勤講師。

2017年度まで東京大学教育学部附属中等教育学校芸術科非常勤講師を務める。

2019年度、かながわ音楽コンクール審査員。

 

主な音楽歴

1999            第15回かながわ音楽コンクールユースピアノ部門総合第1位。神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。

2000            第1回ショパン国際ピアノコンクールin Asiaにおいて銅賞。

2005            Vienna International Pianists Academy においてCziffra prize受賞。

2006-08       ウィーンにおいてソロリサイタルを開催。

2007            第23回かながわ音楽コンクールシニアピアノ部門第1位、併せて中田喜直賞を受賞。

        神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。

2008            フレッシュ・アーティスツfromヨコスカに推挙され、横須賀芸術劇場においてリサイタルを開催。

                   第21回宝塚ベガ音楽コンクールにおいて第4位、併せて会場審査員特別賞を受賞。

                   第7回ロシアン・ピアノスクールin東京を受講し、セルゲイ・ドレンスキー、アンドレイ・ピサレフ、

                   パーヴェル・ネルセシアン各氏に師事。受講者選抜演奏会に出演。

2013            Jeunesse International Piano Competition "Dinu Lipatti"(ルーマニア・ブカレスト)において第1位。

                   ルーマニア・シナイアにおいてソロリサイタルをおこなう。  

2014-15       ブカレストにおいてソロリサイタル、シビウにおいてルーマニア・シビウ州管弦楽団と共演。      2014            ロシア・サンクトペテルブルグにおいてソロリサイタルを開催。

2015            ロシア国立アディゲ・フィルハーモニー交響楽団(ロシア・アディゲ共和国)と共演。

2016            サンクトペテルブルグユースオーケストラと共演。(在サンクトペテルブルグ日本領事館主催)

 

                   

その他にも、日本、ヨーロッパ各地において定期的にソロリサイタルを開催。                                現在、ピアノソロ、室内楽、歌曲伴奏、ピアノデュオ奏者として様々な演奏活動と共に、後進への指導もおこなっている。

2010 - present
2010 - present

© 2017 by Momoka Masuda All rights reserved.


 

M.Ravel Pavane pour une infante défunte - Momoka Masuda
00:00 / 00:00